起きる時間より大事なのは

どうも、とくです^^

 

ボクは起きる時間が基本的に遅いです。

10時とか11時とか、

飲み過ぎたときは13時なんて日もあります。

 

はい、

ぐーたらです。笑

サラリーマン時代、5時半に起きていたのが

自分でも信じられません。

朝が非常に弱いため、毎日吐きそうになりながら

通勤していました。

早朝はいつも、眠気と吐き気と満員電車の3セット

でした。

 

早起きは三文の得ということわざが

あるように、

確かに早起きはいいこと尽くしです。

 

早く起きないとだらしない。みたいなイメージも

少なからずありますよね。

 

ボクも出来るなら早起きしたいですが、

最近思うのは起きる時間よりも、

自由に使える時間が大切だということです。

 

例えばボクは今、

1日1時間くらい(多くても2~3時間)しか

働いていないので、

11時に起きたとしても

深夜まで12時間の自由時間があります。

 

その時間で、買い物したり旅したり

読書したりバスケをやったり

「やりたいこと」をしています。

 

だから、正直早く起きる必要はないわけです。

あまりにも遅すぎると、生活リズムや健康面の問題も

出てくるかもしれませんが、

何も6時とか早朝に起きる必要はないということですね。

 

 

そもそも早起きは自由な時間(朝に仕事を済ませちゃう等)を

増やすための工夫でもあるわけで、

働き方を工夫して自由な時間をつくることができれば、

早起きをせずに

その人に合った充実したライフスタイルを

送ることができるんです。

 

とはいえ、

たまに早起きしてする散歩は

なんとも気持ちがいい。

あの爽快感はなんなんでしょうか。。

 

というわけで

これからボクも少しずつ、早起きの習慣を

付けていく努力をしたいと思います。笑

 

ではでは。