自信は内に蓄える

こんばんは、とくです^^

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

最初にあったのは、夢と根拠のない自信だけ

孫正義

ーーーーーーーーーーーーーーーー

孫さんの名言ですね。

 

何かを成し遂げたり、何かを続けるには

「自信」が不可欠です。

 

ボクは、自信は無理やりにでも

持つべきだと思っています。

 

ないなら無理やり持て!

ですね。笑

 

なぜなら

実現へのとてつもないエネルギーになる

から。

 

どんなことであれ、

一番パワーを使うのは

始めるときです。

 

「上手くいくのかな」

「怖い」

「本当にこれでいいのか?」

 

直感的にはやってみたいと

思っても、

スタートするには、

スタートを妨げる感情や思いを

乗り越えなければなりません。

 

まずそのために自信が必要になります。

 

そしてスタートしたあとも、自信がないと

「もうだめだ」と

すぐに諦めちゃったりして

続けることができません。

 

自信は、自分を突き動かす

強力なエネルギーなんです。

 

ただ、これは使い方を間違えると

逆に実現を妨げます。

 

使い方は大きく分けて2つ。

 

1.外に出す

2.内に蓄える

 

ダメなのはどちらでしょうか?

 

1.外に出す

ですね。

 

自信を外に出すと、

これは単なる自慢になります。

 

そして、出し続けると

虚栄、傲慢、油断。

 

これらにつながっていきます。

 

そうすると、

自分の思考や判断力、行動が鈍くなり

色んなことが上手くいかなくなるんですね。

 

これまで上手くいっていたことが

目に見えて落ちていきます。

 

単純に周りにも嫌われます。笑

 

嫌われると、いざというときに

サポートを得ることが難しくなるので

これは非常に危うい状態ですね。

 

自信は外に出せば出すほど

内が薄っぺらくなるんです。

 

逆に自信を内に蓄えていくと、

余裕や厚みが出てきて

思考力、行動力が研ぎ澄まされます。

 

そして、何か障害にぶつかっても

乗り越えることができます。

 

冷静さをもって

軌道修正をすることもできます。

 

内に蓄えた自信は、

あなたの中で大きなエネルギーとなり、

外に対しては謙虚さに変わります。

 

ボクは、自信=謙虚

だと思っています。

 

とんでもない結果を出している人ほど

謙虚ですよね。

 

自分なんて大したことない。

こんなもので満足していない。

 

それは、まだまだやれる、まだこれから

という強い自信の表れでもあります。

 

自分を信じると書いて自信。

 

自分は自分しかやれないわけですから、

自分を信じることからすべては始まります。

 

一歩踏み出す勇気もそこから生まれます。

 

でもそのあと

上手くいきだしたとき、

自信が大きく育ってきたときに、

 

それを外にぶちまけるのか

じっくり内に蓄えるのか。

 

その使い方次第で、

一瞬成功してもすぐ終わる人

成功し続ける人

 

大きく分かれるのではないかと思います。

 

 

ではでは。

 

 

メルマガも配信していますので、

ご登録いただけるととても嬉しいです^^

PC1つで毎月30万円~の収入源をつくるメルマガ