読書の心得 ~アウトプットしてはじめて暮らしが変わる~

どうも、とくです^^

 

多くの成功者はたくさん本を読んでいますが、

本を読んでいる人全員が成功しているわけでは

ありません。

 

本を読まなければ成功できないわけじゃ

もちろんありません。

イチロー選手はまったく本を読みませんよね。

 

社会人になり、

あるいは難しい現実にぶつかって

これまでまったく読まなかった本を読みはじめる

人はけっこういると思いますが、

本を直接暮らしの向上に活用できている人は

かなり少ないように思われます。

 

なぜか?

 

それは、読んで満足してしまい、

アウトプットをしていないからです。

 

たとえば

「ホリエモンの本読了!」という

イートをよく見ます。

 

これは読んだ自分に満足してしまい、

ツイートして満足してしまい、

実際の自分自身は大して変わっていない

 

パターンなんじゃないかと思われます笑

 

実際に暮らしが変わるというのは

どういうことかというと、

 

”アウトプットが変わる”ということです。

 

住む場所、働く環境、自分の稼ぎ、

遊び、まわりの人間関係、、

 

すべて自分のアウトプットを起点にしています。

 

発信する言葉、行動、能力、

コンテンツ、感情、態度、姿勢、、

 

これらが自分の価値となり、収入となり、

時間となるわけです。

 

これらが変わってはじめて暮らしが

変わるんですね。

 

本はこれらを向上させるヒントをくれます。

アウトプットの上手くいく方法、

上手くいった事例、上手くいかない方法、

上手くいかなかった事例を教えてくれます。

 

でも考えてみると、

ただ教えてくれるだけなんですね。

ただ、ヒントをくれるだけなんです。

 

「そこからどうするかはあなた次第。」

「実際の結果までは保証しないよ。」

というわけです。

 

ボクも脱サラしたあと、

かなり迷っていたのでいろんな本を読みました。

 

たくさん読みましたが、

得た結論はたった1つ

「行動しなければ何も変わらない。」

ということでした笑

 

あれ、じゃあ今、

本なんて読んでる場合じゃなくね?

 

今から行動しよう!

と動いて動いて

今に至るわけです。

 

今の自分に必要なことを

教えてくれたのなら、

あとはぶっちゃけ本なんて読む必要は

ないんですね。(趣味なら別ですが)

 

本を読めば自動で暮らしが変わる。

自動で賢くなる。

 

そんなことはありえず、

現実になんらかの目的を

達成するために本を読むのです。

本で得たことを実践してはじめて賢くなり、

変わるのです。

 

私たちが生きているのは本の中ではなく、

現実、この世界です。

 

ということは

この世界でアウトプットしなければ、

アクションしなければ、

当然現実の暮らしは変わりませんよね^^

 

何か現状を変えたくて本を読むときは、

「何を達成するために読むのか?

どんな答えやヒントが欲しくて本を読むのか?」

「読書よりほかに暮らしを変える

アクションがあるのでは?」

と考えてみると、

より現実に対して効果的な読書ができるのでは

ないかと思います。

 

アウトプットしてはじめて暮らしが変わる。

 

本をアウトプットすれば、

本を読むのに費やしたお金や時間の

何十倍ものリターンが得られますよ♪

 

以上、読書の心得でした。

 

ではでは。

 

 

最近AI本を貪ってます笑

これも何かしらアウトプットしよう!