餃子と「稼ぐ」のおもろい関係

どーもとくです^^

 

いきなりですが

餃子ってなんだか無性に食べたくなりませんか?

 

というワケで

昨日は餃子祭りでした。

ファイル_000 (2)

16時からスタート

 

ファイル_001

最高のコラボ

ファイル_002

肉というのは「肉餃子」のこと

 

ただただ餃子を満喫♪

最高でした。

 

ところで

はじめてメニューを見たときに気づいたことが

あります。

 

・肉餃子

・わさび餃子

・季節餃子

・しそ餃子

・スープ餃子

・水餃子

・エビ餃子

。。。。

 

種類が多い。

 

そもそも餃子って、

肉、エビ、野菜などでつくった具を皮で包み

茹でたり焼くなどしてつくった料理のこと。

 

メインの要素は3つ

「皮」と「具」と「調理法」

 

皮は、まぁ1つとして

「具」と「調理法」によって

いろんな種類の餃子をつくることが

できるんですね。

 

焼いてつくったら焼き餃子

具をエビにしたら海老餃子

茹でてつくったら水餃子やスープ餃子

 

こういうふうに、餃子って

非常に汎用性の高い料理だと言えます。

 

だからいくらでも「〇〇餃子」が

つくれちゃうというわけですね。

 

この汎用性、拡張性の高さ。

 

実はビジネスでも同じことが言えます。

 

どういうことかというと

基本的な骨組み(餃子でいうところの皮)さえ

しっかりしていれば、

あとは何を提供しようが、何を使おうが

自由自在ということです。

 

この骨組みをつくることで、

継続的で拡張的なビジネスを

やっていくことができるんですね。

 

例えば

ある骨組みのなかでAを売る。

上手くいったら、

同じ骨組みの中でBを試してみる。

 

AのなかにはBを欲しがる人もいる。

BをきっかけにAのお客さんになる人もいる。

また、「Cはないんですか?」

というお客さんもいる。

じゃあCもやってみようかな。

 

こうして1つのしっかりした骨組みが

できていれば、複数の収入源を構築すること

ができちゃうわけです。

 

じゃあ

その骨組みってどうやって作るんだよ?

 

それはブログでばら撒くワケにはいきませんので

 

秘密はこちらの無料メルマガで密かにお話ししています。

曜日気にせず自在に生きるための無料メルマガ

※【読者限定】目から鱗のプレゼント付

 

ボクが半年間で、1日コンビニ2個の極貧生活から

時間場所に縛られず

好きなときに旅行に行き、

好きなものを買えるようになった方法。

———————————————

●本当にやりたいことがしたいけど

お金がネックで出来ない人

●自分らしく生きたい人

●家族との時間がもっと欲しい人

●もうお金や他人に振り回されたくない人

●生活を大きく変えたい人

●「稼ぐ」の原理原則を身に付けたい人

———————————————

これらの思いがきっかけでボクもはじめました。

こんな方々の助けになれれば。

 

ちなみにこれは、

 

PC1つ、1日1時間でできます。

今の仕事を辞めずにコツコツ続けて

曜日を気にしない自由ライフをつくる

準備をしませんか?^^

 

それでは今日はこのへんで!

 

いつも読んでいただきありがとうございます。

 

追伸

5月末~6月頭くらいに京都1人旅します。

禅を少し学びたいなと思っているのですが、

もしここいいよ!とか

アドバイス、おすすめなどあれば

教えていただけると嬉しいです^^