夜のドローン空撮!&申請による夜間飛行について

どうも、とくです^^

 

先日、初めてドローンを夜飛ばしました。

ウキウキワクワクしながら海岸へ。

 

波の音以外何も聞こえない。

誰もいない静けさのなか、

1人ドローンを飛ばすw

超テンション上がります♪

 

撮れた写真がこちら。

赤く光っているのはバイパスです。

この控えめな光が個人的にとても好き笑

手前は海寄りで何もなく暗いですが、

奥は駅周辺でけっこう明るい感じですね。

 

普段当たり前に住んでいる場所も、

こんなに素敵に見えるものです。

 

さらに今回発見したのですが、

撮った動画をドローンちゃんが自動で編集し、

BGMまで付けてくれるというなんとも優れた

機能があるのです。

それを使ってできたドローンMIXが下の2つ!

なかなかいい感じに仕上がっています。

映像も音楽も違います。

ムーディーな静岡の静かな夜w

どちらが好みでしょうか?^^

 

さて、

「ドローンって夜飛ばしていいの?」

ふつうはダメです。

国土交通省に申請を出さなければいけません。

詳しい飛行ルール&申請手続きは以下の国交省のリンクから

http://www.mlit.go.jp/koku/koku_tk10_000003.html

ボクは包括申請をし、許可を得ています。

ただそれでも無条件に飛ばせるわけでは

ないので、

特にイレギュラーケースでは事前に

飛行可能かどうか確認することが大切ですね。

 

ちなみに申請にはたくさんの書類が必要になり、

とても1人じゃやってられないので、

知り合いの行政書士さんに代行してもらいました。

料金は3万円くらいですが

手間を考えると全然安いですね。

申請~許可はだいたい10日から2週間程度です。

 

操縦者にはある程度の飛行経歴が必要だったりと

いくつか条件があるので、

やはり行政書士さんに相談するのが

手っ取り早いと思います。

 

とりあえず初の夜ドローン

めちゃくちゃ楽しかった!!

 

ボクは今遊びで使っていますが、

インフラ点検や農業、配達での利用など

様々な分野でドローンは使われ始めています。

AIの進化に伴って、ドローンが日常的に

あちこちで飛び回っている未来は

そう遠くないかもしれませんね。

 

ではでは。

 

関連記事はこちら↓

ドローン購入しました

【ドローン空撮】ペトロナスツインタワーとランカウイ島のアンボンアンボン

10年ぶりのBBQ