人生を奪うブラック企業に対する唯一の戦略

どうも、とくです^^

今回は、人生を奪うブラック企業から

身を守る方法について。

ブラック企業の怖いところは、

その異常な労働環境、歪んだ人間関係、

不健康な生活サイクルを、

これが普通だと思わせてくること。

「どこもそんなものだ。」

「こんなの当たり前だ。」

「みんな同じ思いで頑張ってるんだ。」

「こんなので耐えられなかった生きていけないよ。」

・・・

「そうなのか、じゃあ耐えないと。頑張らないと。」

こうなるわけです。

そう、まさに一言でいうと

”人生”を奪うんですよね。

ブラック企業って。大げさじゃなく。

 

腐ったブラック企業に長くいる人は

こうなります。

そして下のように思い込む。

こんな恐ろしいブラック企業から身を守る

方法は何かないかと考えてみましたが、

やっぱり

一刻も早くそこから抜け出すこと。

それしかないなと。

 

時間の問題です。

ブラック企業(環境)が再生するのが先か、

自分の人生を奪われるのが先か。

自分がそこから抜け出すのが先が。

どちらが早いかっていう。

 

ボク自身かなり強引に脱サラしました。

長期休暇が終わって出勤日1日目の朝、

ベッドから起きていきなり人事部に

「辞めます」と電話したんです。笑

「はぁ?」って感じでしたが、とにかく早く

意思を伝えて事を進めようと思ったんですね。

脱サラしてからいろんな人に会いましたが、

遊ぶように稼いで人生を謳歌している人の

多いこと多いこと。

そして、自分の意思で脱サラ(や転職)し

後悔しているという人をいまだに見たことがありません。

そういう人たちはみんなイキイキして柔軟です。

目がキラキラ輝いている。

 

他人のことをあれこれ突っついたり

ネチネチ愚痴を言ったりしない。

なぜなら自分自身がハッピーだから。

日々、自分の人生が進んでいるのを実感し、

ワクワクしているから。

 

そんなくだらないことしているヒマも

マインドも持ち合わせていないのです。

言い訳したり愚痴を言っても状況は悪化するだけです。

口だけ一丁前な人は多いですが、

それほんと無価値でニーズないので、

口より手を、足を、頭を動かしましょう。

口を動かすのはそれからです。

 

まとめ。

ブラック企業への対策は?

 

簡単です。

逃げること。

 

『逃げるが勝ち。』

孫氏の兵法でも「走為上」(走るを上とす)

といって、いろいろある戦略のなかでも

”逃げる”ことは最上に位置しています。

エネルギーを使わずに、

無駄な戦い、無駄なトラブル、無駄な消費を

避けられるからです。

これはとても賢い方法なわけですね。

 

特にブラック企業に対しては最強にして

唯一の戦略と言えるでしょう笑

 

誰にも知られず、狭い腐ったオフィスで

残念な何人かの人たちにストレス(毒)を与えられ、

歯を食いしばって消耗する必要は全くないです。

 

ある程度出来上がってしまった環境そのものを

大きく変えることは困難ですが、

自分が身を置く環境を選ぶことはすぐにできます。

そっちの方がはるかに簡単というものですね。

 

ではでは。