2つの後悔

どうも、とくです^^

 

今回は「後悔」について。

 

後悔には大きく2つに分けられます。

 

やってしまった後悔とやらなかった後悔。

この2つですね。

 

みなさん、どちらの後悔も1つくらい

あるのではないかなと思います。

ボクもあります笑

 

そして、この2つの後悔なんですが

 

より強いのは、

やらなかった後悔です。

 

これは心理学でも証明されています。

 

なぜかというと、

やらなかった場合

「もしやってたら今ごろ~だろうな」と

やったケースのことをいつまでも考え、美化するからです。

もしやってたら・・

もしやってれば・・

と永遠に答えの出ないたらればを

繰り返すわけです。

 

やってたら今より状況は良かったかもしれない。。

何か変わってたかもしれない。。

 

でもその答えは永遠に分かりません。

なぜかというと、

やらなかったから。

経験してないから妄想ばかりが膨らむわけですね。

 

好きな人がいて告白しなかった。

もしあのとき告白していれば・・・

 

フラれたとしても、気持ちはちゃんと伝えられて

スッキリしただろうな。

今ごろ良い飲み友達になれてたかも。

 

あー、告白しとけばよかった~

 

こんな感じでやらなかった後悔は

ずーっと尾を引きます。

 

一方、やってしまった後悔は

時間が経つにつれどんどん薄れていきます。

 

逆にそれが良い経験になったり

笑い話になったり

酒の肴になったりします。

 

そのときの恐怖や恥ずかしかさなんてものは

時間が経てばきれいさっぱり消えるんですね。

 

犯罪とか非人道的な「やってしまった」は

もちろんダメですが、

自分が挑戦して、やってみて

結果「やってしまった」となっても

それはあなたの人生の思い出になります。

 

やらなかったら思い出にもならない。

経験にもならない。

 

だからやらなかった後悔の方が強いんです。

 

ボクも、何か新しいことに直面したときは

後悔しないように、とりあえずやってみるように

しています。

あとであれこれ考えたり

妄想したくないですから。

 

もしやってしまっても、のちのち

そのときの経験をお酒でも飲みながら

人に話す方がよっぽど楽しいと思います。

 

というわけで

少しでも興味が湧いたら、

少しでも心が動いたら、

やってみた方がいいですね。

 

「やってしまった。」

大いに結構!

どんどんやってしまいましょう♪

 

一度きりの人生色んな経験をした方が

絶対にお得です。

 

ではでは。